So-net無料ブログ作成
検索選択

季語いろいろ(櫂未知子『季語、いただきます』) [所感(エッセイ)]

 櫂未知子の『季語、いただきます』を読みました。
韻文があまり得意ではないのですが、楽しく読むことができました。

季語、いただきます

季語、いただきます

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

捉え、捉え返す(伊東豊雄・中沢新一『建築の大転換』) [所感(選書・ライブラリー)]

 建築家伊東豊雄と中沢新一が対談している本を読みました。
こんな本が出るまであまり思わなかったのですが、この二人は確かに波長があうのかもしれません。
建築という形のはっきりとあるものを作る人間でありながらも、見えないその先の抽象性のようなものを考えている建築家と、事象と事象の見えない関係性のようなものを研究している研究者。
 なんだか納得のいく本でした。

建築の大転換

建築の大転換

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

3.11とは。(大澤真幸『夢よりも深い覚醒へ』) [所感(新書)]

 震災から一年が経つ、このタイミングで様々な本が出版されています。
その中の一冊が岩波新書・大澤真幸の本です。

夢よりも深い覚醒へ――3・11後の哲学 (岩波新書)

夢よりも深い覚醒へ――3・11後の哲学 (岩波新書)

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

どうやってかたちにするのか。(吉岡徳仁『みえないかたち』) [所感(エッセイ)]

 吉岡徳仁『みえないかたち』を読みました。
図版を多数含んだ、語りおろし作品です。
どうやってイメージをかたちとして造るのかというデザインするときの根幹について書かれています。
みえないかたち  ~感覚をデザインする

みえないかたち  ~感覚をデザインする


続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

捉えること試みること(杉本博司『アートの起源』) [所感(学術書)]

現代美術作家として世界的に評価の高い杉本博司の『アートの起源』を読みました。
アートの起源

アートの起源


続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

いかにもオースター(ポール・オースター『ティンブクトゥ』) [所感(小説)]

 唯一読み続けている海外作家ポール・オースターの『ティンブクトゥ』を読みました。
ティンブクトゥ (新潮文庫)

ティンブクトゥ (新潮文庫)


続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

素朴な疑問に丹念な回答。(ツベタナ・クリステワ『心づくしの日本語』) [所感(新書)]

 ちくま新書に気になる本があり、買っていたのですがやっと読みました。
これです。

心づくしの日本語: 和歌でよむ古代の思想 (ちくま新書)

心づくしの日本語: 和歌でよむ古代の思想 (ちくま新書)

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

切り拓く意志。(原研哉『日本のデザイン』) [所感(新書)]

 原研哉の岩波新書『日本のデザイン』を読みました。

日本のデザイン――美意識がつくる未来 (岩波新書)

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。