So-net無料ブログ作成
検索選択
所感(学術書) ブログトップ
前の10件 | -

捉えること試みること(杉本博司『アートの起源』) [所感(学術書)]

現代美術作家として世界的に評価の高い杉本博司の『アートの起源』を読みました。
アートの起源

アートの起源


続きを読む


戦う美少女(斎藤環『戦闘美少女の精神分析』) [所感(学術書)]

 斎藤環の『戦闘美少女の精神分析』を読みました。
東浩紀があとがきで書いていたように、遡行して読むことになりました。

戦闘美少女の精神分析 (ちくま文庫)

戦闘美少女の精神分析 (ちくま文庫)

続きを読む


鉄道と社会(原武史『「鉄学」概論』) [所感(学術書)]

原武史の『「鉄学」概論』を読みました。
NHKの番組として放送されていたもののテキストを文庫化したものです。

続きを読む


建築の見方。(石山修武『生きのびるための建築』) [所感(学術書)]

 美術館での講義(語り?)を書籍化したものです。

生きのびるための建築

生きのびるための建築

続きを読む


短歌の厳しい友です。(穂村弘『短歌の友人』) [所感(学術書)]

 文庫化され、書店で目に入ったので購入しました。穂村弘『短歌の友人』です。
これまでも、何冊か目に入っていて、気になっていたのですがついに1冊目です。

短歌の友人 (河出文庫)

短歌の友人 (河出文庫)

続きを読む


歴史について考える(上村忠男『知の棘』) [所感(学術書)]

上村忠男の『知の棘』を読みました。

知の棘――歴史が書きかえられる時

知の棘――歴史が書きかえられる時

続きを読む


隠れた素顔。(大澤信亮『神的批評』) [所感(学術書)]

大澤信亮の『神的批評』を読みました。
宮沢賢治・柄谷行人・柳田國男・北大路魯山人についての批評です。

神的批評

神的批評

なかなか物々しいタイトルです。

続きを読む


読むという行為(佐々木中『切りとれ、あの祈る手を』) [所感(学術書)]

 書店でも結構目立つ場所に置かれている佐々木中の『切りとれ、あの祈る手を』を読みました。

切りとれ、あの祈る手を---〈本〉と〈革命〉をめぐる五つの夜話

続きを読む


前の10件 | - 所感(学術書) ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。