So-net無料ブログ作成

国家内国家?(坂口恭平『独立国家のつくりかた』) [所感(新書)]

 なんとも言えないタイトルです。坂口恭平『独立国家のつくりかた』を読みました。

独立国家のつくりかた (講談社現代新書)

独立国家のつくりかた (講談社現代新書)

  • 作者: 坂口 恭平
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2012/05/18
  • メディア: 新書


 社会制度がある程度固まってしまっている現代においては、新しい生き方の創出というのは相当難しい芸当に相当する。
しかし、「建てない建築家」という同感あえても矛盾している存在として生きている筆者は様々な面で、これまでのスタンダードな生き方を覆してみせる。
 この本はその根底にある考え方の表明と、実行の記録と言える。
新政府というものを国家内に立ち上げ、行動をしている姿は非常に斬新で、また得体の知れない恐ろしさも感じさせる。まさに異形のものといった体であろう。
 自分がどのように社会と接続するのか。社会が成熟すれば本来は選択肢が増えるべきこの部分を積極的に照らし出そうとする筆者の活動に注目したい。
 このような活動がどれだけの人に可能なのかはわからないが…。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。