So-net無料ブログ作成
検索選択

タイトル通り。(本谷有希子『嵐のピクニック』) [所感(小説)]

 設定がそもそもかっとんでる場合が多い本谷有希子の作品なのですが、それが<エキセントリック作品集>を名乗っています。
心配になり(笑)読んで見ました。

嵐のピクニック

嵐のピクニック

どれも設定は奇抜ですが、その根底には日常生活で感じることのある感覚が描かれています。
いつと言われると説明できるわけではないが、どこかで感じたことのある感覚というものが
誰にでもあると思います。その部分を切り取って、浮上させている作品集というように言えるかと思います。
ですから、<エキセントリック>を謳っていますが、それは設定の部分におけることであり、内容はある種の普遍性を持っていると感じました。
個人的には「哀しみのウェイトトレーニー」「亡霊病」「Q&A」あたりが特によかったです。
タイトル通り 本谷有希子と行く 嵐のピクニック といった本でした。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。