So-net無料ブログ作成

直木賞っぽいね。(三浦しをん『まほろ駅前多田便利軒』 [所感(小説)]

 エンターテイメント作品を・・・と思って本屋に行った時に文庫化されているのを発見して買っておいた一冊。

まほろ駅前多田便利軒 (文春文庫)

まほろ駅前多田便利軒 (文春文庫)

  • 作者: 三浦 しをん
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2009/01/09
  • メディア: 文庫
ラッキーストライクの並んでいる装幀もなかなかステキです。(単行本の時とは少し変わっている) たまに電信柱なんかに「便利屋」のチラシが貼られていますが、その実態がよくわかりません。
ここに出てくる多田と転がり込んできた行天がやっている業務内容が便利屋の業務なのかどうかも実際わかりません。
 ただ、なんか感じるきな臭さはあの貼り紙そのものです。
 動けばなんか厄介なことに巻き込まれ、どこかで人間を信じられない部分を持ちながらも、助けずにはいられない。
 愛すべき人間像がそこには展開されています。
 日常にスパイスをほどよく与えてくれる一冊でした。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。